アドオン方式と実質年利が同じだと思っていた

アドオン方式と実質年利の利息額は全然ちがう。金利と書かれた利息の数値だけみてはいけない。たった2%が10%を超える利息に変化する恐怖。利息を払いすぎていませんか?

Q 金利の表示がアドオン方式と気が付かなかった

ローンを組んで借金するときに金利だけを見ていて、実質年利だと思っていたら、その数字がアドオン方式であることに気が付きませんでした。アドオン方式の場合、過払い金が発生することが多いと聞きますが、実際にはどうなのでしょうか?

A 実質年利の表記が義務づけられています

アドオン方式とは

借金の返済額は借りたお金(元本)に金利を掛けた利息分と元本とを合わせた金額になります。実質年利は借金の残高に対して1年間に生じる利息の割合ですから、最初に借りたお金から月々の返済などで元金が減ると、その分利息の額も減っていきます。ところがアドオン方式ではお金を借りてから返済終了までの期間に利率を掛けることは同じでも、常に最初に借りたお金に対して利息を計算します。これにより毎月支払いをして元本(借金の残高)が減っても利息の額が減りません。この結果、アドオン方式で計算された借金返済の総額は、実質年率で計算された借金の総額よりもかなり高くなります。

アドオン方式には共通した時間の基準が無い

もうひとつ気をつけて欲しいことは、アドオン方式の利息が実質年利のように、年利とは限らないことです。月利かもしれないし、支払い回数に対する利息(1回の支払いごとに手数料が掛かるような形)かもしれません。アドオン方式で記載されているものは実質年利もあわせて書き示されているはずなので、アドオン方式の金利だけに惑わされないようにしましょう。

まとめますと、アドオン方式は借金の元金が月々の支払いで減ることを前提としていない金利で、実質年率は、月々の支払いなどで元金が減ることを前提に計算された金利です。これにより利息制限法の上限を超えていた場合、過払い金が発生している可能性もありますね。(詳細は個人で過払い金請求するには?を参照して下さい。)

アドオン方式は禁止されているか?

実質年利の表記が義務づけられています。アドオン方式だけによる金利表示は禁止されていますので、アドオン方式が表記されている場合は、必ず実質年利が併記されているはずです。もし借用書などに金利としてしか書いていなかったら、念のため、契約前に確認したほうが良いですよ。アドオン方式で金利2%ぐらいの表示でも、実質年利は10%超えますから。

関連記事

住宅ローンの繰り上げ返済をした方が良い人 - 住宅ローンの繰り上げ返済を利用することで、金銭的なメリットだけでなく精神的ストレスからも開放される利点があります。金銭的に問題ないことが一番の条件ですがメンタル面や生活習慣から選択するケースもあります。

過払い金返還までの期間 - 過払い金返還請求をして返金までの期間が長い3つの理由について。過払い金返還請求をすれば、即日返金されるわけではありません。弁護士・司法書士に依頼したのなら、信頼して待ちましょう。

住宅ローンの繰り上げ返済を利用しない理由 - 家計を担当する主婦の目線からみますと、住宅ローンの繰り上げ返済をしないほうが得するケースがあるのではないか?と思うことがあります。なぜなのかご存知ですか?ちょっとした体験を語ります。

総量規制でお金が借りられない - 借り入れ限度額が下げられて、お金が借りられなくなった総量規制とは?個人で借金するための方法とは?その対処法は?総量規制は消費者の生活の妨げになるものではありません。消費者を守り助けになるものです。

元夫が破産したら養育費はどうなるの? - 破産したら、養育費を支払わなくても済むか?自己破産ではなく個人再生の場合はどうか?養育費が支払われるか否かは別にして、現在では破産により免責されないことになっています。

借用書で忘れがちなこと - 借用書を作成する際、絶対に落としてはならないのポイントとは?実印が必要か?認印でも良いのか?無効扱いされないためにも、たとえ友人同士であってもお互い基本的なことをおさせておきましょう。

不動産担保のローンと融資は? - 無担保から不動産担保へ切り替えた場合、利点もありますが、リスクもあります。不動産担保の融資やローンを勧められたことがあるかもしれませんが、安易に考えるのは危険です。

返済期日がない借金を突然請求された - 返済期日がない借金は、こちらの都合でいつ返済しても問題ないと安心していませんか?今すぐ借金を返してくれと家族、友人、知人などから突然今日言われたら、あなたはどうしますか?

連帯保証人になる義務 - 会社役員は必ずその勤務する会社の連帯保証人になる義務があるのでしょうか?会社から連帯保証人になるよう依頼されたら、確かに断りにくい立場のときもあるのは事実ですが、リスクがあることも事実。

ノンバンクって何ですか? - 銀行から融資を受けられないときにノンバンクから融資を受けることが多いけれど、注意点はあるの?利点とは?銀行とは違うノンバンクを金融機関と違うものと勘違いしていませんか?

カテゴリ

お金を借りる・貸す

キャッシングやローン、融資、個人的な借金など、お金を借りる側、またはお金を貸す側の話題について。借りる側と貸す側とでは立場が逆になりますが、借金が生じる状況がテーマになります。

お金を返す・返してもらう

キャッシングやローン、融資、個人的な借金などで借りたお金を返す、または貸したお金を返してもらう話題について。返す側と返してもらう側とでは立場が逆になりますが、返済が生じる状況がテーマになります。

注目記事

ブラックリストの情報を内緒で抹消?

プロフィール

由香里

  • 趣味
    ガーデニング、生け花、
    ファミリーキャンプ、家族旅行
  • 苦手なこと
    バンジージャンプ
    (一度やって懲りた)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加