お金を借りる・貸す

キャッシングやローン、融資、個人的な借金など、お金を借りる側、またはお金を貸す側の話題について。借りる側と貸す側とでは立場が逆になりますが、借金が生じる状況がテーマになります。

借金することと返済することは、本来セットで語られる話題ですが、以下のとおり大きく二つに分けています。

  • 借金するタイミングで生じる問題
  • 返済するタイミングで生じる問題

このカテゴリでは、借金するタイミングで生じる問題を中心に書いています。個々の問題で生じる詳細内容については下記の『一覧』を参照してください。

ここではまず、お金を借りる・貸すことについての全体像を書きます。

借金は悪なのか?

一般的な風潮では「借金することはすべて悪い」と考えられておりますが、私はそう思いません。すべての借金が悪いのではなく、良い借金と悪い借金があると考えています。

簡単に申し上げますと、良い借金とは、借金することでリターンがある、またはリターンが見込めるケースだと私は考えています。逆に悪い借金とは、借金してもリターンが見込めない、または返済する目処が無いケースだと考えています。

例えば事業など、総資本を自己資本だけで営業しているケースもありますが、大半は金融機関などから借り入れをしています。総資本には自己資本だけでなく他人資本(借入資本)が含まれているわけです。事業を拡大するときなどは特に資金が必要で、資金を集めるという点では、厳密には借金ではありませんが、株を発行するシステムがとても似ています。なぜなら株主がいなければ、お金が集まらないからです。

次に良い借金と悪い借金を区別するポイントとしましては、目的と計画性の有無です。言うまでもありませんが、お金が足りないという理由は目的にはなりません。事業では考えられないことですが、個人レベルでは、その場しのぎ、行き当たりばったりで計画性無く安易に借金してしまうケースが見受けられますので注意が必要です。

ここまでの内容をまとめます。

  • 良い借金
    • リターンがある(または見込める)
    • 目的と計画性がある
  • 悪い借金
    • リターンは見込めない
    • その場しのぎ

なお、ここでは詳細を割愛しますが、借金をすることで生じるリターン(または見込めるリターン)は通常考えられるのは金銭そのものですが、金銭とは限らない場合もあります。

お金を貸す側の立場

お金を貸す側から見れば、お金を貸すか否かについては、結局は良い借金か悪い借金かの判断であることが理解できると思います。もちろん良い借金か悪い借金かの判断だけでなく、他のさまざまな条件があるとは思いますが、原則、基本ベースとしての話です。

もしかしたら、貸したくは無いけれど仕方なくというケースがあるかもしれません。可能であれば、個人間の貸し借りは避けたほうが無難です。万一返済されなかったとしても許容できる範囲に留めるべきです。また許容できない場合は、借用書の作成をオススメします。

一覧

アドオン方式と実質年利が同じだと思っていた - アドオン方式と実質年利の利息額は全然ちがう。金利と書かれた利息の数値だけみてはいけない。たった2%が10%を超える利息に変化する恐怖。利息を払いすぎていませんか?

遺産相続で借金も相続? - 遺産相続で資産だけでなく負債も相続しなければならないのか?遺産を調べるのに時間が掛かる場合は?マイナス分が多い遺産相続を破棄するためには、どのような手続きが必要なのか?また注意点は?

元金措置で借金をしても安心して大学へ - 親に負担を掛けずに学費を自分の力で何とかするしかないので、お金の工面を何とかしたいけど、どのような方法があるの?奨学金や教育ローンの返済に苦しむ前に知っておきたい。

公正証書で融資や借金 - 借金するときに公正証書の作成を許諾条件とするケースがありますが、なぜ公正証書を作成する必要があるのか?重要な理由があるからです。安易に考えることなく十分に理解しておきましょう。

借用書で忘れがちなこと - 借用書を作成する際、絶対に落としてはならないのポイントとは?実印が必要か?認印でも良いのか?無効扱いされないためにも、たとえ友人同士であってもお互い基本的なことをおさせておきましょう。

借金の原因は高額医療費だった - 高額医療費を支払う状況に追い込まれたら、誰でも借金してしまいそうになるけれど、支払額を軽減する知恵が必要だと思います。気持ちの切り替えが難しいのは分かるけど、現実お金が無いと医療を受けられないのも事実だけど。

住宅ローンには財形住宅融資を検討しよう - 利息分を含めた住宅ローン支払総額に大きな差がでますので財形住宅融資制度が利用できるなら利用を検討しましょう。いくつか条件がありますが、雇用・能力開発機構や住宅金融公庫が実施しています。

総量規制でお金が借りられない - 借り入れ限度額が下げられて、お金が借りられなくなった総量規制とは?個人で借金するための方法とは?その対処法は?総量規制は消費者の生活の妨げになるものではありません。消費者を守り助けになるものです。

ノンバンクって何ですか? - 銀行から融資を受けられないときにノンバンクから融資を受けることが多いけれど、注意点はあるの?利点とは?銀行とは違うノンバンクを金融機関と違うものと勘違いしていませんか?

不動産担保のローンと融資は? - 無担保から不動産担保へ切り替えた場合、利点もありますが、リスクもあります。不動産担保の融資やローンを勧められたことがあるかもしれませんが、安易に考えるのは危険です。

保証人の恐怖、借金100万円が500万円に - 返済しない解決方法はないですか?最初に借りた金額よりも何倍にも借金が膨れ上がっていた。保証人になることで借金を返済する責任があるし、万一のときは逃げられないことは分かっていましたが。

連帯保証人になる義務 - 会社役員は必ずその勤務する会社の連帯保証人になる義務があるのでしょうか?会社から連帯保証人になるよう依頼されたら、確かに断りにくい立場のときもあるのは事実ですが、リスクがあることも事実。

カテゴリ

お金を借りる・貸す

(現在のページです)

お金を返す・返してもらう

キャッシングやローン、融資、個人的な借金などで借りたお金を返す、または貸したお金を返してもらう話題について。返す側と返してもらう側とでは立場が逆になりますが、返済が生じる状況がテーマになります。

注目記事

ブラックリストの情報を内緒で抹消?

プロフィール

由香里

  • 趣味
    ガーデニング、生け花、
    ファミリーキャンプ、家族旅行
  • 苦手なこと
    バンジージャンプ
    (一度やって懲りた)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加