借用書で忘れがちなこと

借用書を作成する際、絶対に落としてはならないのポイントとは?実印が必要か?認印でも良いのか?無効扱いされないためにも、たとえ友人同士であってもお互い基本的なことをおさせておきましょう。

Q 借用書を作成して友人にお金を貸す予定ですが

友人にお金を貸すことにしたのですが、念のため借用書を作ることにしました。それほど、凝ったものじゃなくて良いのですが、念のためです。最低限抑えておくところはどこでしょうか?

A 無効化されないように最低限必要なところは書いておく

借用書のポイント

これといった決まりを話すと長くなるのですが、通例を加味して借用書を作成する際に、最低限必要なところを書いておきます。まず金額の数字は「壱」「弐」「参」「拾」「萬」と記載しておく。算用数字でも効力を失うことはありませんが。返済期日とかを書いておくことを忘れずに。次に借用書は2通(正、副)作成し、署名捺印し、双方に割り印が必要。あと押印は、相手の実印でしてもらい、また、印鑑証明書を添付してもらいましょう。

相手が実印を持っていないときは?

もし相手が実印を持っていないときは、実印を作ってもらいましょう。なるべく認印は遠慮したほうが良いです。なぜなら認印はどこでも入手できるからです。たとえ珍しい苗字だとしても、認印が存在するなら同様なものを入手できないことはありませんので。

どうしても相手が認印のままで実印を作りたくないと言う場合、お金を貸すことを止めたほうが良いと思いますが、それでも貸したい場合は、(本当はあまり良いことではないので貸さないほうが良いと思いますが、)最低限、借用書の名前の部分は必ず本人直筆で書いてもらいましょう。文章のすべてがワープロやパソコンで作成してプリントアウトしたもので、印だけ認印だったら、本人かどうか分かりません。万一、借金した覚えがないと言われたと仮定した場合、お金の貸し借りの事実を証明するのが面倒になります。

あとついでですが、現金手渡しではなく、振込みなど金融機関を通じて第三者的な証拠を残しておくのも手です。

なるべく個人間の貸し借りは止めておこう

借用書の書き方は雛形も存在していますが、可能であれば個人間のお金の貸し借りは遠慮したほうが宜しいかと思います。おそらく相手は他の金融機関からも借金をしている可能性があり、それで困り、個人的に融資を求めている可能性があります。借用書の有無に関わらず、いろいろなトラブルに巻き込まれてしまった方も多く存在しますので、無用の心配を避ける意味でも別の手段を検討されたほうが良いと思います。

関連記事

住宅ローンの繰り上げ返済をした方が良い人 - 住宅ローンの繰り上げ返済を利用することで、金銭的なメリットだけでなく精神的ストレスからも開放される利点があります。金銭的に問題ないことが一番の条件ですがメンタル面や生活習慣から選択するケースもあります。

過払い金返還までの期間 - 過払い金返還請求をして返金までの期間が長い3つの理由について。過払い金返還請求をすれば、即日返金されるわけではありません。弁護士・司法書士に依頼したのなら、信頼して待ちましょう。

住宅ローンの繰り上げ返済を利用しない理由 - 家計を担当する主婦の目線からみますと、住宅ローンの繰り上げ返済をしないほうが得するケースがあるのではないか?と思うことがあります。なぜなのかご存知ですか?ちょっとした体験を語ります。

総量規制でお金が借りられない - 借り入れ限度額が下げられて、お金が借りられなくなった総量規制とは?個人で借金するための方法とは?その対処法は?総量規制は消費者の生活の妨げになるものではありません。消費者を守り助けになるものです。

元夫が破産したら養育費はどうなるの? - 破産したら、養育費を支払わなくても済むか?自己破産ではなく個人再生の場合はどうか?養育費が支払われるか否かは別にして、現在では破産により免責されないことになっています。

不動産担保のローンと融資は? - 無担保から不動産担保へ切り替えた場合、利点もありますが、リスクもあります。不動産担保の融資やローンを勧められたことがあるかもしれませんが、安易に考えるのは危険です。

返済期日がない借金を突然請求された - 返済期日がない借金は、こちらの都合でいつ返済しても問題ないと安心していませんか?今すぐ借金を返してくれと家族、友人、知人などから突然今日言われたら、あなたはどうしますか?

連帯保証人になる義務 - 会社役員は必ずその勤務する会社の連帯保証人になる義務があるのでしょうか?会社から連帯保証人になるよう依頼されたら、確かに断りにくい立場のときもあるのは事実ですが、リスクがあることも事実。

ノンバンクって何ですか? - 銀行から融資を受けられないときにノンバンクから融資を受けることが多いけれど、注意点はあるの?利点とは?銀行とは違うノンバンクを金融機関と違うものと勘違いしていませんか?

借金の代理人がやってきた - お金を貸したのに返してくれない人の代わりに交渉にやってきた借金返済の代理人。滞っていた借金を全額返済するというが本当に信用していいの?何か注意点はある?代理人と保証人とは同じなのでしょうか?

カテゴリ

お金を借りる・貸す

キャッシングやローン、融資、個人的な借金など、お金を借りる側、またはお金を貸す側の話題について。借りる側と貸す側とでは立場が逆になりますが、借金が生じる状況がテーマになります。

お金を返す・返してもらう

キャッシングやローン、融資、個人的な借金などで借りたお金を返す、または貸したお金を返してもらう話題について。返す側と返してもらう側とでは立場が逆になりますが、返済が生じる状況がテーマになります。

注目記事

ブラックリストの情報を内緒で抹消?

プロフィール

由香里

  • 趣味
    ガーデニング、生け花、
    ファミリーキャンプ、家族旅行
  • 苦手なこと
    バンジージャンプ
    (一度やって懲りた)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加