住宅ローンの繰り上げ返済を利用しない理由

家計を担当する主婦の目線からみますと、住宅ローンの繰り上げ返済をしないほうが得するケースがあるのではないか?と思うことがあります。なぜなのかご存知ですか?ちょっとした体験を語ります。

家計をあずかる主婦の体験から

普通は繰り上げ返済するよね?

ワザワザ言うまでもありませんが、住宅ローンを借金と考えれば、繰り上げ返済を実施すると確かに元金が減りますので住宅ローンとして支払う予定だった元金の利息分が減ります。住宅ローンの元金とその利息分の合計額を比較すれば金利分だけ、余計なお金を支払わなくても済むので、繰り上げ返済を希望される方は多いと思いますし、それが普通だと思います。

団体信用生命保険をチェックして

住宅ローンをある意味、資産運用と考えれば借金を減らすことは当然です。しかしながら、ここで注意して欲しいことは、団体信用生命保険です。一度、団体信用生命保険の契約書を見直して欲しいのですが、団体信用生命保険は、ある一定額が支払われるというよりも住宅ローンの残高のみに該当させるようになっていないでしょうか?これが意味するところは、住宅ローンの契約者が死亡してしまったり、高度障害者になってしまったりなど、万一の場合、残りの住宅ローンの返済にすべて充てられるという意味です。よって繰り上げ返済をするか否かに関わらず、住宅ローンの返済残高のみなのです。

住宅ローンを含めて長期的な資産運用を

このように団体信用生命保険に入っておくと、万一のときに安心ですが、それ以外のケースを考えるに、繰り上げ返済をすることなく、別の緊急事態や思わぬ出費に備えて、外貨預金や金を買うなどの投資や、定期預金をはじめとする貯金や積立貯金など、資産運用するほうが賢い選択ともいえます。まとめますと団体信用生命保険に加入した前提で、住宅ローンを借金とだけ考えることなしに、長期的な資産運用を検討することが必要なのです。

特に最近は住宅ローンにさまざまなお得なサービスがありますので、借り換えをするなど、銀行の住宅ローンサービスをいろいろ検討するのも宜しいかと思います。

手元にお金を残したい

まとめますと、一言で言うなら「お金を手元に残しておきたい」ということでしょうか。お金が手元にあるときに、一気にローンを支払ってしまえば、その分スッキリした気持ちがするのは確かですけれど、長い目で見ると、お金が残らないリスクもあるわけですし、お金が足りない場合は住宅ローンよりも高い金利で借金をする可能性もあるわけです。余ったお金を無駄遣いするわけではありませんが、万一の備えとして余力としておくことが家計を担当する主婦としては安心なのです。

関連記事

住宅ローンの繰り上げ返済をした方が良い人 - 住宅ローンの繰り上げ返済を利用することで、金銭的なメリットだけでなく精神的ストレスからも開放される利点があります。金銭的に問題ないことが一番の条件ですがメンタル面や生活習慣から選択するケースもあります。

住宅ローンには財形住宅融資を検討しよう - 利息分を含めた住宅ローン支払総額に大きな差がでますので財形住宅融資制度が利用できるなら利用を検討しましょう。いくつか条件がありますが、雇用・能力開発機構や住宅金融公庫が実施しています。

個人再生のメリットとデメリット - 住宅ローンがあっても個人再生で債務整理することは可能か?弁護士や司法書士に依頼したほうが良いか?自己破産でも任意整理でもない個人再生のメリットとデメリットについて。

住宅ローンの繰り上げ返済で老後の借金が不安 - 住宅ローンの支払いを終えたとき老後の不安が襲ってきた老夫婦は繰り上げ返済したことそのものが間違っていたのでしょうか?住宅ローンの繰り上げ返済で借金全額を完済したのに不安になった理由とは?

住宅ローンの借り換えで借金が増えた? - 借金の返済額を減らすために住宅ローンの借り換えをするはずなのに、なぜ借金が膨らんでしまうの?住宅ローン金利が安いだけでは判断できない要素があるのですが、ご存知でしょうか?

過払い金返還までの期間 - 過払い金返還請求をして返金までの期間が長い3つの理由について。過払い金返還請求をすれば、即日返金されるわけではありません。弁護士・司法書士に依頼したのなら、信頼して待ちましょう。

総量規制でお金が借りられない - 借り入れ限度額が下げられて、お金が借りられなくなった総量規制とは?個人で借金するための方法とは?その対処法は?総量規制は消費者の生活の妨げになるものではありません。消費者を守り助けになるものです。

元夫が破産したら養育費はどうなるの? - 破産したら、養育費を支払わなくても済むか?自己破産ではなく個人再生の場合はどうか?養育費が支払われるか否かは別にして、現在では破産により免責されないことになっています。

借用書で忘れがちなこと - 借用書を作成する際、絶対に落としてはならないのポイントとは?実印が必要か?認印でも良いのか?無効扱いされないためにも、たとえ友人同士であってもお互い基本的なことをおさせておきましょう。

不動産担保のローンと融資は? - 無担保から不動産担保へ切り替えた場合、利点もありますが、リスクもあります。不動産担保の融資やローンを勧められたことがあるかもしれませんが、安易に考えるのは危険です。

カテゴリ

お金を借りる・貸す

キャッシングやローン、融資、個人的な借金など、お金を借りる側、またはお金を貸す側の話題について。借りる側と貸す側とでは立場が逆になりますが、借金が生じる状況がテーマになります。

お金を返す・返してもらう

キャッシングやローン、融資、個人的な借金などで借りたお金を返す、または貸したお金を返してもらう話題について。返す側と返してもらう側とでは立場が逆になりますが、返済が生じる状況がテーマになります。

注目記事

ブラックリストの情報を内緒で抹消?

プロフィール

由香里

  • 趣味
    ガーデニング、生け花、
    ファミリーキャンプ、家族旅行
  • 苦手なこと
    バンジージャンプ
    (一度やって懲りた)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加