自己破産のメリットとデメリット

自己破産は借金を返済する必要がなくなりますが、それなりにデメリットもあります。他の債務整理(個人再生、特定調停、任意整理)と比べて、もっとも有名ですが、検討に十分な注意が必要です。

Q 自己破産をしたいのですが

多額の借金があり返済する目処がありません。そこで借金の返済を免責される自己破産を検討していますが。

A 借金が無くなるだけではありません。慎重にお考えください

自己破産について

自己破産とは、簡単に言いますと、法律上、国から保護されながら、すべての財産や負債(借金など)を一旦リセットされる形ですので、安易に自己破産をすれば借金を返済しなくてもよくなるということだけに着目することは危険だと思います。既に自己破産のデメリットについて熟知されているかもしれませんが、自己破産をしたら借金が無くなるだけではありません。自己破産後のことも考慮の上、最後の手段として慎重にお考えください。

多額の借金で生活に苦しんでいるからこそ、借金さえ無くなればすべてがバラ色にみるのは確かに仕方の無いことです。しかしながら、借金が無くなっても現実は厳しいものです。

もし他の手段を検討されていないのであれば、弁護士や司法書士へ債務整理の手段として他の方法がないのかどうか、今一度相談された方が良いですよ。

自己破産のデメリット

自己破産をした後は、7年間はローンを組んだり、クレジットカードを作ったりすることが出来なくなります。7年後は金融機関の判断にゆだねられますが、一般と同じように扱われるかどうかは金融機関の審査に依存しますので分かりません。また仕事の種類や資格など制限を受ける場合がありますので、現在の仕事、また転職、資格を取るなどに支障が出る可能性もあります。(公務員が自己破産すると 参照)

その他の自己破産のデメリット

自己破産をすることで借金から解放されますが、多額の借金や多重債務を抱えることになった根本的な原因、たとえば安易に借金をする癖や浪費癖、低所得などがすべて解決されるわけではありません。自己破産により、破産者になると数年間は金融機関のサービスを受けられなくなり、また官報に掲載されるので自己破産者の情報として世間に告知されます。このため金融機関ではないヤミ金融などからの融資の甘い誘惑に手を出してしまうケースも少なくありません。

このように自己破産さえすれば、すべてが解決とは言いがたいので、自己破産後の生活をどうするか?ということや、自己破産以外に方法がないのか?など、債務整理を検討する意味でも弁護士や司法書士に相談されることをお薦めします

関連記事

元夫が破産したら養育費はどうなるの? - 破産したら、養育費を支払わなくても済むか?自己破産ではなく個人再生の場合はどうか?養育費が支払われるか否かは別にして、現在では破産により免責されないことになっています。

個人再生のメリットとデメリット - 住宅ローンがあっても個人再生で債務整理することは可能か?弁護士や司法書士に依頼したほうが良いか?自己破産でも任意整理でもない個人再生のメリットとデメリットについて。

特定調停のメリットとデメリット - 特定調停は他の債務整理(個人再生、自己破産、任意整理)と比較して費用を安く抑えることができるか?弁護士や司法書士に依頼せずに簡易裁判所で手続きして実施することは可能?

任意整理のメリットとデメリット - 任意整理とはどのようなものか?弁護士に頼まず、個人でも可能か?債務整理(他、個人再生、自己破産、特定調停)のひとつである任意整理のメリット、デメリットについて。

公務員が自己破産すると - 自己破産をした公務員の話はあまり耳にしませんが、公務員が破産宣告を受けた場合、公務員を辞めなければならないのでしょうか?会社勤務でも破産宣告を受けると仕事に制限がある場合が多くありますが。

住宅ローンの繰り上げ返済をした方が良い人 - 住宅ローンの繰り上げ返済を利用することで、金銭的なメリットだけでなく精神的ストレスからも開放される利点があります。金銭的に問題ないことが一番の条件ですがメンタル面や生活習慣から選択するケースもあります。

過払い金返還までの期間 - 過払い金返還請求をして返金までの期間が長い3つの理由について。過払い金返還請求をすれば、即日返金されるわけではありません。弁護士・司法書士に依頼したのなら、信頼して待ちましょう。

住宅ローンの繰り上げ返済を利用しない理由 - 家計を担当する主婦の目線からみますと、住宅ローンの繰り上げ返済をしないほうが得するケースがあるのではないか?と思うことがあります。なぜなのかご存知ですか?ちょっとした体験を語ります。

総量規制でお金が借りられない - 借り入れ限度額が下げられて、お金が借りられなくなった総量規制とは?個人で借金するための方法とは?その対処法は?総量規制は消費者の生活の妨げになるものではありません。消費者を守り助けになるものです。

借用書で忘れがちなこと - 借用書を作成する際、絶対に落としてはならないのポイントとは?実印が必要か?認印でも良いのか?無効扱いされないためにも、たとえ友人同士であってもお互い基本的なことをおさせておきましょう。

カテゴリ

お金を借りる・貸す

キャッシングやローン、融資、個人的な借金など、お金を借りる側、またはお金を貸す側の話題について。借りる側と貸す側とでは立場が逆になりますが、借金が生じる状況がテーマになります。

お金を返す・返してもらう

キャッシングやローン、融資、個人的な借金などで借りたお金を返す、または貸したお金を返してもらう話題について。返す側と返してもらう側とでは立場が逆になりますが、返済が生じる状況がテーマになります。

注目記事

ブラックリストの情報を内緒で抹消?

プロフィール

由香里

  • 趣味
    ガーデニング、生け花、
    ファミリーキャンプ、家族旅行
  • 苦手なこと
    バンジージャンプ
    (一度やって懲りた)

ソーシャルボタン

このエントリーをはてなブックマークに追加